ようこそ房総かずさかめやまへ

亀山湖は1980年(昭和55年)に完成した亀山ダムによりできた人造湖です。房総半島の奥座敷として、緑豊かな大自然に囲まれ、千葉県下一の湖を有する観光地です。

四季折々の良さを感じながらのレジャーがおすすめです。都心からわずかに70分ちょっととは思えない大自然に訪れる多くの観光客が魅了されます。特に関東で一番遅いといわれる絶景紅葉にはシーズン中10万人近くの方が、色とりどりの紅葉を楽しみにいらっしゃいます。是非房総かめやまへ遊びにいらっしゃってください。

  • 亀山湖上祭
  • オータムフェスティバル
#かずさかめやま

Twitter

map

上総亀山についてのお問い合わせ

房総の観光についてのご質問はお電話または、
メールにてお問い合わせください。

上総亀山観光協会のお問い合わせ先はこちら

観光協会亀山支部支部長より

観光協会亀山支部支部長より

亀山は亀山湖、笹川湖と2つの人造湖を擁しております。
そこに注ぐ自然の川には、川廻しで有名な通称『濃溝の滝』や『七里川渓谷』と自然風景が広がり特に秋には『関東で一番遅い紅葉』ということで、非常に多くのお客様が訪れる観光地となりました。都心からわずか70分の近さとは思えない程の大自然に囲まれ、房総半島の奥座敷として、四季折々の良さを肌で感じることのできる空間が広がります。

夜になれば、天然のプラネタリウムと呼べるほど、とにかく星が綺麗なところです。また房総随一の湧出量を持つ天然温泉もございます。市原市、大多喜町、鴨川市など複数市町と隣接しており、近年観光交流も盛んに行われるようになりました。豊かな自然環境、貴重な歴史文化、発展する商業や産業が2乗にも3乗にも膨らみます。奥房総の魅力をたっぷり是非房総かめやまへ遊びにいらっしゃってください。

観光協会亀山支部 支部長 鴇田 正和

亀山の魅力を写真でご紹介

画像クリックで拡大します